« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009-01-17

09年新年に想うこと。

09年のビジネスも2週間が経ちました。

 

1月より夢の海外部門に配属され日々新しいことを学んでいます。

現地法人の本社調整役、つまり黒子として社内で動き回る毎日です。

 

夢の!海外部門。

 

でも、本社でやっていることは調整役にすぎません。

別にそれが「嫌だ」と言っているわけではありません。

 

国内部門から見た海外部門はものすごく華やかに見えます。

日々英語を使い、しばしば海外出張に行き、そう、島耕作の世界のような。

でも、実際は黒子の日々。

逆に海外部門から国内部門を見ると、ものすごく素晴らしいことをやっているように見える。

完全に「隣の芝生は青い」状態。

 

これは対隣人についてもいえることなのでしょう。

そう考えると、自分の位置を一歩引いて見ることができます。

自分を卑下することもなくなります。

 

だって、隣人から見た「私」は素晴らしい人間に見えるから。

 

 

ただ、自分の英語力のなさには悔しさが募ります。

でも、どこかで努力しなければならないこと。

少なくとも英語に対する「苦手意識」がなくなるようにしたいものです。

 

ということで09年の大きな課題、それは自分の英語「苦手意識」をなくすということ。

それは他者評価でも、定量的なものでもなく、自分の意識改革をするということ。

 

営業時よく現場スタッフに言っていました。

 

「意識次第で何でもできます。意識は自分で変えることができます。」

と。

 

09年も面白い年になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »