« ブログを書く理由。 | トップページ | 芯無し鉛筆。 »

2007-12-06

一年をレビュー。してますか?

書くことは山のようにあるが、そのままにしている状況下です。

半分鬱状態。なのでしょうか。。。

鬱って自覚難しいじゃん。

 

さて、

まもなく私が勤めている会社では一年が終わろうとしています。

4月始まりではなく、1月始まりなためですが。

そこで、この一年自分は何をしたんだろと考えてみました。

考えた方がいいのではないかと思ったことがきっかけです。

 

私が従事している企業は、企業体、いや事業体として、半年、1年毎にぐるぐる同じことを繰り返しながら、事業継続をしています。

実はそうではないのですが、ほぼ同じことの繰り返しのように感じるため、自分がどのような成長をしているのかが見えにくく、もう一年終わるなと思った昨日そのことに気づき不安を抱きました。

「俺、成長してるのかな。」と。

そこで、帰って彼女に、

「サラリーマンって一年レビューした方がよくない?」

「はっ!?!?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

唐突過ぎました。

そこで思った経緯を話すと、

「そんなのサラリーマンに限ったことじゃないでしょ。」と。

確かに。

では、みんなそんなことをやっているのかという疑問が湧き出たため、ブログなぞに書いてみました。

 

実は、私、今年は非常に成長したのではないかと思っているのです。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても。

30歳までに何をしたいこれをしたいということがあり、その縛りがなくなった今年はやってみたいことをやってみようという心意気がありました。

ビジネスの面では営業で自分の足跡を残すべく、

①売りたい商品を自分で見つけ売りました。

 →社会に一歩先んじるアクション

②売り方も人を使って、人を動かして売りました。

 →人のモチベーションを意識したアクション

プライベートでは、今後の自分への投資すべく、

①ビジネススクールに通学しました。

 →自分の弱みである論理的思考力、数理的解析力の欠如を打破するアクション

②茶道教室に通いました。

 →日本文化を知るアクション

③外食回数増やしました。

 →東京にいるという意義であり自分の強みのひとつとなるアクション

以上でしょうか。

  

ビジネスの①については、Aというエコ、健康に結びつく、これは売れるという自動車の一部品を売り込みました。

結果、異常に売れ、販社によっては一ヶ月で前年一年間の実績を超えたところもあります。

私が従事している企業では、Aという商品に関してはメーカー機能はなく、商社機能しか持っていないため、売上も粗利も低い商品ですが、これは取り組むメリットがあるのではないかと社内での大きなうねりとなりました。

他の商品についてセールスしていても、またAですかと社内外からも言われるくらい現在Aという商品は私の代名詞となっています。

それが②に繋がるのですが、以前、このブログの記事にしたこともあるように、私は自分でエンドユーザーに商品を売るという業務ではありません。

私は販社及び店舗に売って頂いてなんぼの世界にいます。

では、どうやって売って頂くのか、そのアクションのために、何が彼らの売るためのモチベーションとなるのかということを日々考えています。

もちろん、売上、利益が上がる商品がベストでしょう。

が、そんな商品世の中にありませんし、あったとしても需給バランス、競争で価格は落ちていくものです。

もっと、他の切り口はないものか、モチベーションを高めることはできないのか考えた結果、販売店毎を競争させてみようと考えました。

業種的に血気盛んで負けず嫌いな方が多いと思ったことも理由のひとつです。

結果、大当たり!

びっくりするような結果が出ました。

それが上記したような実績です。

A以外の商品でも同じでした。

それらを通じてわかったことははモチベーション、意識次第でどんな商品でも売れるという事実です。

そのモチベーション、意識をどのように与えるか、今年は初年度ということもあり「店舗間の競争」という二流の戦略でどうにかなったのですが、来年は工夫する必要があります。

野球界でも言われる二年目のジンクスというものはそういうことを言うのかもしれません。

ここで、二流の戦略とあえて書いたのは理由があります。

12/3の日経朝刊にダイキンCEO井上氏の言葉が書かれてありました。

「一流の戦略と二流の実行力よりも二流の戦略と一流の実行力が尊い。経営者は走りながら戦略を変える柔軟性が必要」と。

私がビジネス、プライベートを通しこの一年成長した理由はこの実行力があったからだとこの文を読んで気づきました。

決して「一流」の実行力とは言いませんが実行してみないことには結果はわからんといつも考えていました。

結果、少し階段を上がれた気がします。

 

プライベートでの①としては非常に学ぶものが多い場でした。

日本社会にこんなに勉強している方々がいるんだということを実感、体験できただけでも十分ですが、もちろん、スキルも得ることができました。

あとは使うだけです。

が、数理的解析力については途中で棄権したため・・・。

まぁ、いろいろあったんです。

確かに後悔がないといえば嘘になりますが、無理矢理通っていたとしても残るのは終了証書だけだったでしょう。

まぁ、そんなこともあります。

プライベート②の茶道も衝撃でしたね。

出張から家に帰ると、

彼女「何かしたの!」

大阪地方裁判所からの封書が机の上に。

通っていた茶茶くらぶが破産しちゃいました。

15万円ほど支払っているのに1回しか通学してなく。。。

現在私は債権者です。

プライベート③。

地方から出てきた私にとって、東京にいることも自分の強みだろと。

その強みをどう活かすか、好きなことは何か。

おぉー、外食だと。

誰が来ても接待(招待かなー)、したいじゃないですか。

満足して欲しい、サービス精神って言葉があてはまるかな。

最近じゃ、

「合コンどこかいい店ある?」

「洒落た店教えて?」

「鍋うまい店は?」

ある意味ミシュランです。

色んな意味で遠からず。

他、社外一流企業の方とのお付き合いや「リーダーシップの旅」作家の野田さんとお会いしたこと等、有意義な一年を送ることができました。

 

とはいえ今は躁鬱の波打ち際です(笑)。

 

何日かに分けて書いたので、現在は熱が多少冷めていますが(笑)、一年間のレビューをしてみました。

|

« ブログを書く理由。 | トップページ | 芯無し鉛筆。 »

l.ザッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/9244364

この記事へのトラックバック一覧です: 一年をレビュー。してますか?:

« ブログを書く理由。 | トップページ | 芯無し鉛筆。 »