« 結果論大人 | トップページ | 使う力 御立尚資 PHPビジネス新書 »

2007-10-24

得意先のふざけた商売方法。

先日と同じ得意先からの電話。

「うちの直営店が一本8,500円にしてといっているから、

8,500円で売っていいかな。

価格対応してくれる?」

 

「しません・・・・・・。」

 

完全に受身商売な得意先の対応が嫌い。

 

なぜその価格なのか、全くヒアリングができていない。

相手からそう言われたからと、

そのまま僕に言ってくるところが非常に腹が立つ。

 

電話を切った得意先連合軍の敵は完全に僕。

今頃「あいつ融通がきかない」とか何とか言っているところだろう。

 

僕も売上は欲しい。

が、それよりも納得して商売したい。

納得感が欲しい。

値引き交渉をするたびに自分の財布が痛むような気がする。

そのくらいの気持ちだ。

 

そのハードルをクリアしてくれればどれだけでも値引きするのに。。。

 

論理的思考で攻めてきて欲しい。

|

« 結果論大人 | トップページ | 使う力 御立尚資 PHPビジネス新書 »

f.シゴトノヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/8594145

この記事へのトラックバック一覧です: 得意先のふざけた商売方法。:

« 結果論大人 | トップページ | 使う力 御立尚資 PHPビジネス新書 »