« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007-04-26

どう転ぶ?

今日はビジネススクールの講義でなく勉強会が19時から開催されている。只今21時、新幹線の中の僕。
行く気はあった。が、行きたくなかった。勇気がなかったのかな。全く復習してないし、実は第二回目の内容をほとんど理解できてない。そんな状態で行って意味があるのかないのか、正直判断しかねていた。結果、お客様の店舗での話が長引きこんな時間に。行けなくなったことにホッとしてる自分がいる。
帰る気があれば帰れたんじゃないか、逃げたんじゃないかと心の声が言ってるようで正直只今ブルー。
講義があった月曜日から心もなぜか晴れないし…。
解決しない仕事も心に重くのしかかる。
明日は晴れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-21

無関係ですが金沢と牛乳。

無関係ですが金沢と牛乳。
木曜日、金曜日と金沢出張。木曜日は会議出席及び販社セールスに対する勉強会、金曜日は直営店訪問となかなか詰まったスケジュール。会議の席上でも勉強会でも僕のプレゼンタイムは設けられておりせっかくなので話をさせていただいた。会議の席上で求められた話はうちの会社が商社となって卸している商品の話であり大して商品知識がない。数字でのプレゼンで拡売余地がある旨語る。が、さほどテンション上がらず。無理栗なプレゼンだもんな。気を切り替えて勉強会。プレゼンでは今後育てていくブランドの機能面を語ることにした。砕けた自己紹介をしたにもかかわらずクスリとも笑いの起こらない、こちらも満足しかねる結果だった。悔しいのでブランド説明だけ必死にやった。
金曜日は金沢から朝電車で七尾まで移動。そこから一日が始まった。久しぶりに熱い店長と会うことができ満足。こういう人を口説くことができたら、売り拡大に繋がるのにと、地元密着営業ができない環境を嘆く。嘆くより今出来ることをやることが先決。
来月もしつこく訪問しよう、うざいくらいしゃべろう。
全く話は変わりますが、やっと森永の牛乳を見つけました。ブランドマネージャーとしりあっちゃって、約束してはや二ヶ月。飲んでみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

課題、課題、課題。

課題が終わらない。

終わりそうで終わらない。

考えれば考えるほど「これでいいのか」と終わりがない。

内容はなんてすばらしいんだと客観的には思えるのだが、また、考えているとおもしろいじゃない!と思えるのだが、どうしても一度ひねり出した解答の粗探しをしてしまい、ひとつ修正すると他方がロジック的におかしくなるっていう連鎖。

人の解答を覗き見たい衝動を抑えつつ。←課題終了時点で皆メール送信

そしてブログに逃げ込む土曜日。

朝7時軽く目覚めた際に課題が頭を回り、しぶしぶ起きて以来ずっと考え続けています。

ひとつめ(実際は4つめ。3つは提出済み)の課題は終わり(にしとこう)。

もうひとつの課題をやってしまおう。

走りたい。

リニューアル後の高島屋行きたい。

出張報告書も書かねば。

仕事上での企画したキャンペーンの取りまとめも滞っている。

あぁ、読んでない新聞、雑誌が山積み み み。

壊れ気味です。

 

Bさんが異動しようがしまいがしらねぇ。←課題の内容

誰だよ、Bさんって。馬場さんかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-19

研修同期会の盛り上がり。

先日ブログにしたビジネススクールとは別に、3月上旬にあったマーケティングの社外研修同期会があった。たったの3日間しか共に学んでないにもかかわらず、一緒に泊まったからか異常な盛り上がりをみせた。上記した宿泊だけでなく、会社とは外の世界の方々なので、変な気遣いすることなく言葉を発することができるのも理由のひとつだろう。「同期会」とは僕が名付けたのだが、的を得ている気がする。現在通っているビジネススクール同様外の世界の方と触れ合うと新たな発見があるし、ビジネスのヒントも盛りだくさんだ。これまでは避けていた部分も多かったが、積極的に参加することで得るチャンスが広がるなら万々歳だ。
その席上で、ある企業(A社とする)の方から聞いた話。その研修ではA社マーケティング部長からマーケティングの基礎についての話があった。言葉の節々で感じる仕事への想い、日本を良くしたいという熱さ、このおっさんいいなーと。そこで名刺交換させて頂き、講義で感じた疑問をメールで投げ掛けたところ、熱い返信が。そこで回答お礼を兼ねて講義の場で感じたままの感想、僕の仕事に対する想いを失礼ながらもぶつけた。まあ、その方とのやりとりはそこで終わったのだが、その先が本題。その方はA社にその僕が送ったメールを回覧したらしいのだ。こんなに熱い奴がいると。恥ずかしい反面、嬉しかった。受け止めて頂いたような気持ちになって。それよりも、熱いままにおっさんになってもいいんだと思えたことも喜びだ。その方はマーケティングから外れ今は経営企画にいるとのこと。次は会いに行くかな。
今から飛行機で金沢へ発つ。昨日同様、今日も明日も飲み会。一方でビジネススクールの宿題あとふたつ、土曜日までにメール提出しなきゃいけない…。大丈夫なのか…。気が重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-18

意識して「考える」。

4月よりビジネススクールで「考える」ことを学んでいるが、いかにこれまでモノを考えてなかったかと毎日愕然とする。毎日としたのは、課題の量、難しさが半端ではなく、毎日課題を考えているからである。最近は気を抜くと考えているという恐ろしい状況だ。「考える」とは「疑う」ことなんだそうだ。僕に言わせれば、「考える」ことは「疲れる」ことである…。
講義は隔週だが、その間の週にも勉強会が実施される。日々追われる感じかしてヤだ。が、一方でこんなことをやっている奴がビジネス相手にいると思うとビビる。そのくらい有益である。慣れることが一番の薬であろう。しかし、毎日そんな日々を送っているからだろうか、人の話を聞いている時も、聞いているというよりも今理解していると感じられるようになった。まぁ、それだけ理屈っぽくなっているのであろう。楽しみな反面、ちょっとねー、と思うところでもある。
ビジネススクールのメンバーの話をしよう。年齢層は幅広い。20代中頃から50代後半まで。役職もバラバラで僕のようなヒラ社員から取締役までいる。業種も様々で製薬、化学、私鉄、電機等のお固い業種が多いかな?外資ももちろんいる。休職してMBAを取得中のかたわら来ている方がおりなぜプラスでこのビジネススクールに来るのか訪ねると、この「考える」というクラスは日本の中でも屈指とのこと。難しいはず…。こんなに様々な人とはなかなか会えないものだが、そういった意味でもビジネススクールに通うメリットはあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »