« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007-03-31

警察が玄関前にいる風景。

今日はベランダで焼肉をしていたら、あまりの煙に火事だと思ったらしく、家の前にある公園の人が警察に通報。
なぜか社宅の1階(我が家は4階)の人と一緒に、警察が家に来ちゃいました。
それも私達はベランダにおり、リビングとベランダとのドアを締め切っていたため、電話にもインターホンにも気づかず。
彼らは私達が一酸化炭素中毒で倒れているのかと思いかなりあせっていたらしいです。
社宅なので結構まずい状況。。。
 
なぜ、社宅の人を連れてくるんだ警察よ。
 
その社宅の方には心配をおかけしたので焼菓子を持参しました。
 
そんな土曜日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-28

兵庫出張で獲たもの。

兵庫出張で獲たもの。
出張先で店舗回りの途中、山垣畜産というお肉屋さんに連れていってもらった。
平日にもかかわらず交通整理の方が立つほどの店。休日には何人も立つとのこと。
都心にあるわけではないのに店内は客が溢れ、皆肉を物色している。
名物と聞いたコロッケだけでなくメンチカツ、そして焼肉用の肉と諸々購入。
シメテ8千円超也。
ここまで人がくるのであれば、さぞ肉もうまいのであろう。楽しみじゃ。

店舗を回りつつ、販売会社の方、そして店舗スタッフと話していて思うこと。
他人の「働く」ことのモチベーションって一体何なのであろうということ。
この会社の方々は皆あまり楽しそうではない。トップダウンが強く自主性が殺されている。この人たちはただ働いているだけだと感じた。怒られないように、波風を立てないように。
「何のために働いているんでしょうねー。お金稼がなきゃ生活出来ないからかな。」ストレートに聞いたら答えてくれた。
こういう方をやる気にさせるのは非常に難しい。「社長が変われば何かが変わるんじゃない?」と。寂しい。
僕のモチベーションは僕自分が「やった」と思えることを人から評価されることだ。
表立って評価してくれない会社なので、お客様でありパートナーと思っている販売会社が評価してくれれば万々歳。店舗なら更に丸。お客様の実感は得にくいのが少々残念。
思い通りに仕事が出来る環境は非常にありがたく、チャレンジしがいがあるってもの。
今は他社の商品を店舗にメリット大だからと売り歩く日々です(笑)。
絶対この会社の店舗の中に元気な店をつくったる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-27

茶の心。

茶の心。

近鉄車中で読書中。
携帯でブログが打てることに軽く感動。

突然本題。
茶道と自分自身が結び付く日が来るとは思わなかったが、昨夜より関係性ができた。
全国展開しているお茶教室に入会、一回目の講義を受けてきた。それも出社先の大阪で。
お手前が始まると汗を抑えきれない時間がいつの間にか過ぎ、いつしか夢中になっている自分がいた。
めっちゃ楽しいというものではなく、新しいことを「知る」という楽しさが沸々と沸いてきていい時間が過ごせた。
が、覚えるべき作法が多いこと!先生のように華麗に点てるようになる日は来るのか!?
2回目は全国のどこで受けようかな。
出張先での新たな楽しみとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-03-25

夢。

最近夢を見ることが多くなった。

今日のは夢の中で気を使っていた。

それも2つの夢で。

ひとつは、彼女の父出演「減点」

ふたつめは、元上司出演「無言」

 

ひとつめの夢の舞台はとある百貨店。

行ったこともない百貨店。

そこを彼女の父(以後、義父)と彼女の姉のダンナと僕で上へ上へとエスカレーターをのぼる。

途中義父が退職前どのような仕事をしているのか聞き、業種は違えども意外に僕と同じような仕事をしていたことに驚く。

そして、僕は今一番推している商品、「エアコンフィルター」について熱く語ろうとするものの、なぜかセールストークが出てこない。

昨日手帳にメモを書いた(現実で)ばかりなのに・・・。

百貨店上層部で義父の友人に会い一緒にコーヒーを飲むことになるも席は4つ。

今考えると義父の友人をいれても座れるはずなのに、なぜか私の席はなく、その場を離れることにした。

その後、義父と雲の上のような所で会い言われた言葉、

「逃げ出したから減点ね。」

 

ふたつめの舞台は前職(N社)の職場である。

転職済みなのだが、挨拶で訪れなぜかオフィスは居酒屋風景。

酒を注ぎに現れたのが僕が働いていたときのE本部長。

無言で少々やるせない顔をしつつ酒を注ぐ。

僕は恐縮。

その後見回すと、現会社(B社)の同じ課に転職してきたSがいる。

聞くとN社に転職、それも僕が前にいた部署に配属になったとのこと。

研修中と聞き、

「N社もB社も懐深かろうが。お前はまだ何にも会社に貢献してないのに給料を出して研修させてくれるなんて。」

という僕。

そして、回りにSを宜しくお願いしますと言う僕。

  

夢に疲れ日曜日の朝に早々とベッドを出る。

そしてPCに向かう。

外は雨だ。ランニングができない。

どんな一日になるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-03-20

にわかせんぺい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-14

出張先で思うこと。

 

会社の携帯電話がP703iuに変更され前のmovaとは違いカメラが付いたのでついカメラ機能を使ってしまいました。

そう、今日は福知山温泉、ホテルロイヤルヒル福知山におります。

温泉の中でBRUTUSのコーヒー特集を読んでいる姿は周りからは不可思議だったらしく、かなりじろじろ見られました。

しかし、個人的には非常にいい気持ちで温泉を堪能することができました。

 

3/2にマーケティング研修があったことはこのブログでも触れましたが、その後、9日、10日と同研修で泊まりのものがありました。

その2日間ではカルビーの方や同研修元の方の講義の後、キリンビールのチルドビールのマーケティングについてグループに分かれ実習をしました。しかし、僕のグループの分析内容如何よりも、どうもチームワークという面で欠けていたような気がして。。。

大体このような機会があると、僕はリーダーかプレゼンターのどちらかにはなるのですが、今回はそのような役回りはじゃんけんに勝ったためにまわってこず。

研修が終わった今そのことについてどのように思っているかというと、プレゼンターをやっておくべきだったかなと。

やはりこのようなチャンスがあるときはやっておくべきだと思います。

研修後の懇親会の席でもさまざまな方から「なぜ君がプレゼンをやらなかったのか?」と言われる始末。「君がやってれば順位も変わったろうに。」と。

そう、結局3グループ中内容含め3位に終わりました。

そういう空の下に生まれたのだと諦め、今後は手を挙げようそう思った研修でした。

 

実は、4月から3ヶ月という短い期間ですが社外でマネジメントを学ぶことになりました。

クリティカルシンキングといい、論理的に物事を考え、他人にわかりやすく伝えるための論理思考力をつけるための研修です。研修内容もテキストを見ると難しそうですが、何より予習に20時間以上かける必要があるとのこと。時間の確保が課題となりそうです。

自分から手を挙げたからには4月からの研修では前へ前へ出ていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-06

人の前で話すということ。

2007年になり人前で話す機会が非常に多くなった。
10数人の会から場合によっては100人を超す場もある。
 
キャラクターからなのか、得意そうに見えるらしく、
昔から人前で話す壇上に立たされたり、
プレゼン担当にさせられたりする機会が非常に多かった。
 
が、実際は苦手なのである。
緊張で何を言っているのかわからないこともしばしばあった。

その苦手の理由がわからなかった。
というより隣の芝生は青いもので、
「皆、しゃべるの上手だな。一方俺は…」
としか考えていなかった。

わかったこと、
そう、本屋に行ってわかったこと、
「皆人前で話すことが苦手なんだ」
ということ。
 
では、なぜ上手に見えるのか、私が完璧主義なため人のいいところが目に付くこともあろう。
しかし、皆場数を踏んでいるのだ。
訓練を都度しているからなのだ。
そして、これが重要なのだが話す前に「準備」をしっかりとしているからなのだ。
 
学校で人前での話し方なんて学ばなかったし、
社会人になって体系的には学んだのかもしれないが、
それが血となり肉となりというところまではできていない。

だから私は緊張するのである。苦手と思ってしまうのである。
 
そんな折、ひとつの情報にたどり着いた。
 
話す前の心得として。
無防備は避け準備を怠らない。
適度に下書きを書いておくことも必要なのかもしれない。
また、鏡の前でリハーサルをするのもいいらしい。
かつてイギリスの首相チャーチルは重要な演説の前には必ず鏡の前に立ってリハーサルをしたという。
全くリハーサルをせずに本番に臨んだ時の緊張度を10とする。
一方で、鏡の前でひとり演説の練習をしたときの緊張度を3とすると、本番のときはその3が差し引かれ、7くらいの緊張度でとどまるという。
そういうイメージトレーニングは欠かさずに。

話す時のテクニックとして。
私がよく使うのは①なのだが、二通りある。
①「緊張しています」と正直にいう。
②落ち着いたふりをし、動作をあえてゆっくりする。
①②どちらの場合も全体を見渡し、大きな声で「こんにちは」と言う。
また、第一声を何にするかを決めておくこともいいらしい。
自己紹介をする前に、名前の由来、特徴等、もしくは、自分という人間をわかってもらうためにもユニークな前置きをつけ自己紹介するというようにする。
自己開示しなければ相手も心を開いてくれないので、その自己紹介も必須なのだそう。
その後、中身に入る前に研修内容と進め方を先に説明し、この研修の目的、ゴールを示し受講生の合意を得ることで受講生の心をつかみなさいともある。

それとは別に心がけの部分として、
①声を磨く
普段から声を出すときに張りのある元気な声をだすように心がける。具体的には低めで、明るく、力強くお腹から響く声を出すようにとのこと。
②ゴールを明らかにする
話すことが上手になりたいと私のように思っている人は多いが、思うだけで実行に移せない人が多いもの。それは達成したいゴールがイメージできていないから。

尚、他資料作りに関してだが、研修前に話し手は参加者が持つであろう「疑問」資料にて列挙してみせるといいらしい。
そうすることで、いかに自分が参加者の立場にたってこれから研修を進めようとしているかを示すことができ、参加者から好意的に受け止めてもらえるということ。
確かに先日、私が講師した際、参加者の方からの不満の声(アンケート)で、
「話が飛びまくっていたのでテキストに沿ってやって欲しい。」
と声があがっていた。
「重要な項目と重要でない項目の取捨選択ができなかった。」
とも。
一方で、
「体験談を交えて話してくれ100分の講義があっという間に過ぎた。」
「よく理解できた。もっと話を聞きたかった。」
との声もあるのに。
いろんな方がいる。全員満足させることはできないのかもしれない。
でも、したいもの。

そのためにはテクニック、心がけそして何より場数が必要である。
いつも逃げたくなるものだが。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007-03-04

日曜日の朝。

来週(今週?)は、

土曜日はマーケティング研修、

日曜日はFP研修とスケジュールが詰まっており、

その準備にと心急かされ早起きした日曜日の朝。

Cimg3761_1 

心の平静を保つにはコーヒーは欠かせません。

少量ずつ作るのがおいしさの秘訣でしょうか。

 

読んでない新聞、雑誌、本に囲まれている僕にとっては、

Cimg3762 

こういう情報の取捨選択が必要です。

が、少々支離滅裂な気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひな祭りの過ごし方。

前日に心が騒ぎすぎたので、

3/3は走った。走った。走った。

自宅から皇居までそして皇居一周。

10キロ以上かな。

ランニング直後は疲れよりすっきりした感が強いもので。

 

所用で恵比寿に行った帰り、

自宅近くの龍の宿で中華を食べることに。

こちらも先日同様大衆中華価格。

先日の宝竜が日本的中華料理店だったことに対し、

こちらの龍の園はいかにも中華。

おそらく中国にもこんな店無い。

焼餃子 400円也 皮がぷりぷりして旨い!

水餃子 350円也 焼餃子より安いってとこが珍しい。同様旨い。

春巻 400円也 春巻には珍しくキャベツ入り。キャベツ臭い。

シュウマイ 500円也 まあまあ。もっと濃い味が好み。

酢豚 800円 味がいい。

海鮮おこげ 1000円 おこげで1000円!安いって思ってつい注文。

ザーサイ 300円 化学調味料の味が…。と彼女が。

坦々麺 800円 勢いあまって最後に注文。ゴマの香りがいい。

と珍しく感想など。

食べすぎの土曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心が騒いだ日。3/2。

3/2社外のマーケティング研修に行ってきた。

その日は少々落ち込んだ。焦ったのか。

 

とあるマーケティング研修に参加すると参加者は同年代ばかり。

それもキリンビール、資生堂、森永、JT等、

そうそうたる企業のブランドマネージャーばかり。

同年代でそんな仕事やってんの!?と衝撃受けた。

それぞれ自分のブランドを伸ばそうと問題意識を持って仕事に取組んでいる。

っていうか難しいこと知ってんなと。

 

世界は大きい、上には上がいる。

こんな世界で俺は何ができるのだろうか。

社会のために何か貢献できるのだろうか。

 

自分の強みとはなんぞやと改めて感じた日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007-03-01

ひとりの夜は。

彼女が外で食事してくるとのことだったので、

自宅から程近い宝竜という大衆中華の店に会社の帰りに。

 

久しぶりに入った大衆中華料理屋。

おばちゃんが愛想良くて非常に良かった。

愛想だけでもまた行くかと思わせるそんな店だった。

 

名物のしゅうまい、只今お休み中ですと。

 

何食べたかって。

つけめんとチャーハン。

大衆バンザイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »