« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006-10-22

天神の誘惑。

買っちゃった、買っちゃった。

トレーディングポストでこれ買っちゃいました。

 

買っちゃった、買っちゃった。

FRAMEでこれ買っちゃいました。

 

食べちゃった、食べちゃった。

後輩夫婦とここ行っちゃいました。

 

天神は金が落ちていく街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-20

北九州での夜。

おとぎの杜で12年ぶりに、高校の同級生と会った。

サッカー部のF。

ぼーっと歩いていたら、

「おーっ、ヘブ!」

と。

12年ぶりに会ったのに、

まるで昨日も会ったかのような話し振りに驚いた。

彼はサッカーのやりすぎ(週5日)で身体が疲労困憊、

僕は仕事上からくるストレスで心が疲労困憊、

どちらも癒してくれる温泉は両刀である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-12

霞む山々嵐山。

なぜか嵐山にいる。

想像して欲しい。

17時、観光客いっぱいの渡月橋の横にある中ノ島公園、

ベンチに座ってPCをうつビジネスマン。。。

見られたもんじゃない。

 

明日、福知山で仕事なんだけど、

福知山にある温泉宿が予約できなかったので、

途中下車し嵐山に泊まることに。

宿はらんざん

外観はすばらしい。

でも部屋の位置のせいか、

部屋が暗く、タバコのにおいか嫌なにおいがぷーんと。

カーテンにパフュームふって一時退散。

外がいいな。

ここがいい。

あぁ、気がすむまでここにいよう。

 

今日は岐阜で仕事でした。

雑談の中、63歳の部長から、

「メーカーは販社に行って大きな顔ができるからええのぉー。頭下げなくても販社は買って売ってくれるもんな。いや、これはお前に言っているのではないが。俺ら販社の人間は、特にうちとは違うメーカー出資の販社の人間は、メーカーの人間が来るとなったらへりくだる人間が多いが、そんなの一般社会のビジネスではありえんぞ。お前違う業界から来たからよくわかるだろ。40~50歳でリストラされて他の会社に行ってみろ。目も当てられん。○○は100%つぶれる会社じゃない。長いものにはまかれつつ、柳のように生きていけよ。」と。

なかなか重いお言葉でした。

確かに。

僕は現在子会社で営業しているのでそこまでではないけど、

親会社の人間に対する販社の対応はかなりペコちゃんなところがある。

それを当たり前と思っているやつがどんなに多いか。

重い言葉だった理由。

「お前もそれに流されてやしないかと。」

子会社でも出向である限り結局は親会社に戻る。それは周知。

月に一度、それもお店ではなくその上の販社に行っているだけなのに、

商品を買ってもらえるのはメーカー子会社だからではないのか。

答えはYESである。

が、今の僕に何ができる。

お店にしばしば行けるのか。

答えはNOである。

時間は作るものだということは百も承知だが。

さすがにNOだ。時間がない。

こうやってブログを打っている時間はあっても。。。

自分が持っている時間の中で、精一杯に営業はしているつもり。

たまに、精一杯なのかと自問自答はするけど。

どうなんじゃろ。

歴代の担当以上だが100点とは到底言えない。

悩んでもことが解決しないので、

自分の中で精一杯と思いやってきて今の位置がある。

まあ、いいのかな。

 

暗くなってきた。

あぁ、カップルが腰に手を回し・・・、

あっ、あっちもだ。

おぉー、ラジコンが向かってきた。当たるって。

 

何食べよう。

観光客が減り、物悲しくなってきた。

そういうところも観光地っぽくて好き。

「そういうとこっ、好き」 byソフトバンクCM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-09

ベランダ焼肉。

Cimg3364_1  

 

 

ベランダ焼肉。

土曜日のTOKYOBIKEサイクリングの帰り、

ひょんなことから見つけた上野リトルコリア。

ホルモン屋を覗くと安いじゃないか!

ギアラ、ホルモン、ミノ、ツラミを購入。

たっぷりのたれでモミモミ。

ボールの中は岩崎塾状態。

十三の請来軒状態といってもいいか。

多少臭みはあったものの、

コストパフォーマンスは非常に良かった。

Cimg3294 

 

 

9/17にもベランダ焼肉実施していた。

この時の北九州肉よりも臭みはなかったかなー。

 

肉屋開拓も一歩一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-08

TOKYOBIKEと過ごす休日。

Photo_3  

 

 

勉強に疲れた僕は、

TOKYOBIKEに乗ってお出かけ。

思い立って会社の人のお見舞いに行くことにしたが、

亀有ひじょーに遠かった。

走って体験しないと気づかない性質なもので。

が、TOKYOBIKEは快適に僕を運んでくれました。

 

荒川からの風景は、

郷愁を誘い、なんだかいいものでした。

Cimg3357 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-06

オープン初日に行くミーハー。

遠っっ!!

有楽町線豊洲駅から矢印に従って地上にあがったその場から、

目的地を見上げた時の感想。

そう、昨日、オープン初日のららぽーと豊洲に行ってきた。

理由はひとつ。

何でもいいから映画を見たかったから。

中にユナイテッドシネマが入っており、

それも席のピンポイント予約ができることから、

HPをみて即会員登録、チケット手配。

並ぶの嫌いだから・・・。

あと、オープニング記念で過去の映画(主催者は「名作」と言っているが)の上映をやっていることもひとつの理由だ。

喜びを歌にのせて」見に行こ。

映画館って気持ちかしこまるところが好き。

 

映画の話じゃない。

ららぽーと豊洲の話だ。

地下鉄では矢印の通りに上がった出口からは遠いことを注意すべき。

雨が降っていたから、かなり気分的に誇張はあるが。

なお、いい出口もある。

 

それから、三井不動産の割には、

僕の趣味上は魅力的な店が入ってないと感じた。

アパレル系弱くない?って。

都心で買えばいいのだろうが。

しかし、街自体が開発ラッシュ、豊洲に住む方々にとっては、

無印良品、ユニクロ、アクタス、東急ハンズ等かなり大手のテナントが入っていることで、

生活基幹店舗としては非常に重宝する存在であろう。

MOMOnaturalも入っていたしな。

近くにこういう施設があればいいなと思った。

が、一番は羨ましいのはシネコンかな。

 

まあ、来年2月には新宿にもシネコンができる。

会社から頑張れば歩けることからそれまでは大活躍しそうなシネコンである。

 

あともうひとつ。

焼肉「傳々」(でんでん)も羨望。

こんなところに入るなんてっ!

 

今度晴れた日にTOKYOBIKEで行ってみよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-05

精査無き自己主張の見苦しさ。

この会社に移り、

精査されてない自己主張を押し付ける人が多いことに気付いた。

思い込みが激しい人が多い。

よほど自分に自信があるのだろうが・・・。

見直しすればすぐに分かるようなデータのミスもある。

小学生の時「試験が終わったら見直ししなさいよー。」と習わなかったのか。

それよりたちが悪い。

だって仕事だぜ。

言葉でも資料でも自己主張は見苦しい。

お金をもらっている、サラリーマンという感覚が麻痺している。

 

そして、指摘に対し出てくる答えは言い訳とごまかし。

社会ってそんなもんだっけ。

 

テレビの中、特に、コメンテーターという役目の方々も、

自己主張を通している方が多い。

だって、経済評論家がサッカーについて語るんだもの。

デーブスペクターがハリウッド裏事情を語るよりたちが悪いと思う。

趣味の領域でしょ。それ。

また、新聞やテレビを見て仕入れてきた情報でしょ。それ。

昨今耳につくようになり、朝のニュースはもっぱらNHKになった。

 

なお、精査されてない自己主張が見苦しいのであって、

自己主張にいい面もあることはよく理解した上での発言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-04

ハンカチ王子。

ハンカチ王子が決勝で完封した。

http://hokkaido.nikkansports.com/baseball/amateur/highschool/f-hh-tp0-20061004-99166.html

彼のスター性に脱帽。

 

昨日の準決勝、

9回表ブルペンにて、

駒大苫小牧の本間君と、田中君に金網越しに、

「ハンカチ出せ、拭け」って言われ、

それを受け9回裏2死からハンカチで顔を拭く斎藤君。

照れくさそうに。

 

高校生はこうでなくっちゃ。

楽しくやっていこうぜ。

世論がどう騒ごうと、

彼らは彼らの世界にいるんだなーとうれしくなった。

 

僕が言うのもなんだが胸がキュンとした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

開けた朝。

今日の日経の松井秀喜の特集は良かった。

浅田次郎の壬生義士伝の一説に僕自身救われた感があった。

今いる位置でベストを尽くしていけば、

きっと明日は開けてくると。

 

前向きになった朝だった。

壬生義士伝 上   文春文庫 あ 39-2 壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2

著者:浅田 次郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »