« 偽大阪弁を指摘される汗だく営業マン。 | トップページ | ふとした時のうなぎパイ。 »

2006-08-29

日本語の難しさ。

ケイコとマナブを買ったのに・・・。

ない。

東京駅近辺で朝7時からやっている少人数制の英会話教室ない。

ない。

こうなったらマンツーマンか。

 

仕事をする上で必要なのは「洗脳」だ。

Aという商品を世に出すのでも、

僕がAという商品を見つけてきて、

いいと思い、

いいと思わせる、

これは洗脳である。

「洗脳」と聞くとあまりいい印象は抱かない方が多いかもしれないが、

人は多かれ少なかれ、

日常生活の中で「洗脳」され続けている。

現在のお笑いブームもマスコミによる「洗脳」であろう。

 

ひとつ疑問。

上記の表現って「洗脳」という他にどういう言葉があてはまる?

誰か教えてください。

日本語ってむずかしい。

因みに、広辞苑で「洗脳」を引くと、

「新しい思想を繰り返し教え込んで、それまでの思想を改めさせること。」とある。

|

« 偽大阪弁を指摘される汗だく営業マン。 | トップページ | ふとした時のうなぎパイ。 »

l.ザッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/3244015

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の難しさ。:

« 偽大阪弁を指摘される汗だく営業マン。 | トップページ | ふとした時のうなぎパイ。 »