« ラーメンてつや。 | トップページ | 猫に小判。 »

2006-04-11

京都の夜なのに・・・。

京都は大雨です。

旅館泊なのでちと心寂しい。

 

なぜタイトルに”・・・”が付いているのか。

課のIちゃんから辞めようと思っているとメールが届いたからです。

12月に入ったばかりの派遣社員。

仕事に対する質問メールだったので業務に対する積極性を褒めたところ、

「今辞めようかと真剣に悩んでいるのであまり褒めないで下さい。」と。

突然といえば突然。

うすうす感じていたかといえば感じており・・・。

Iちゃんの上司、つまり僕の上司なのですが、彼が上司として機能してない今日、

僕はどのように対処すればいいのか考えました。

理由は同じ課の他のメンバーが嫌だということ。

具体的にいうとひとりは「ありくい(Iちゃん命名)」という僕も鬱になりそうなやつ、

そして「カープ(僕が命名)」という人の話を全く聞かないやつ、

のふたりがどうしても嫌だということ。

 

僕の体験を踏まえて。

嫌だと思ってその場を逃げ出しても次にも「嫌さ」は必ずあり、

そういうことから考えると、

一度何かから逃げ出すと一生何かから逃げ続けなければならなくなるわけで。

今の「嫌さ」も次の「嫌さ」も同じ人間が感じることなので、

大差ないと考えるからです。

 

前職は本当にいい会社だったなーとよく思い出します。

美化されている部分もあるかもしれません。

でも、転職の際周りから反対をされたように記憶しているので社会的にもいい会社なんだと思います。

そのような会社を辞めてまでも今の会社に転職したのは、

全世界規模でビジネスをしてみたい(単純なる自分の希望)、

若いうちに”東京”でビジネスしてみたい(お客様からいつも言われていた「東京で仕事してみた方がいいよ。若いうちに。」に踊らされ)、

もちろんそれだけではありませんが、前職では100%体験することができないことをしたいと思い立ったということが理由でした。

だからこそ、今ここで頑張ることができるんだと思っています。

前職を嫌で辞めたのであれば、絶対今ここにいません。

今やっている業務はやりたい仕事とは程遠い業務だから。

でも、僕はラッキーマンなのでいつかやってみたい仕事ができるはず、もしくはそれ以上に面白い、興味のある分野の仕事ができるかもしれないと考えているので、今、この場で頑張ることができます。

もしかすると、今やっている業務がそのような業務に化けるかもしれませんし。

前向きに生きることが、明日への架け橋になると考えています。

 

自分が体験したこと、感じたことしか話すことはできないので、一応そのような内容をメールしました。

結果、彼女からの答えはもう少し頑張ってみると。

ほっ。

ただ、ひとつ気になったことが、僕のことを上司だと思って仕事をしているという文面。

現在の上司は上司としての職務を放棄していると僕は考えています。

実際、Iちゃんが上記ふたりについて上司に指摘したところ、

「そういう人間がいるってことを楽しめば。例えばこういわれたらこう答えるとかの業務マニュアルを作るとか(笑)。」と。

あきれてモノも言えませんでした。

Iちゃんが呆然としたのも理解できます。

が、逆に考えてみると、そういう上司、反面教師になるサラリーマンが僕の周りにはいっぱいいるのです。

これは結構ラッキーですよ。勉強になります。

また、Iちゃんが僕のことを上司として思ってくれているのであれば、そういう立場で指示ができ振舞うことができる。

つまりOJTの場があるということです。

自分がどこまでできるのか課してみようと思っています。

 

おおっ。

タイトルを書いた際にはこのメールは鬱メールになるのかと思いきや、

最後は躁とまではいかなくてもプラスでまとまりました。いやはや。

 

とはいえ、やることが多すぎて心は重い。

でもですね、夜に何を考えてみても気持ちは”↘”になるだけ。

決してハッピーな案なんて出てきやしない。

明日朝日を浴びながら再度考えてみます。

きっと”↗”なアイデアがひらめくことでしょう!

|

« ラーメンてつや。 | トップページ | 猫に小判。 »

f.シゴトノヒ」カテゴリの記事

l.ザッキ」カテゴリの記事

コメント

使えない上司がそばにいることをラッキーだと思えるへブくんはすごい!!!

Iちゃんも相談できるヘブくんがいてよかったと思ってるよ。きっと。

いつかやりたい仕事が思う存分やれる日がくることを祈ってます!!

投稿: YUI | 2006-04-12 22時34分

願ってくれている相手は僕?

僕なら大丈夫。

ラッキーマンだから。

投稿: heb | 2006-04-13 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/1373402

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の夜なのに・・・。:

« ラーメンてつや。 | トップページ | 猫に小判。 »