« 聴覚からの刺激。 | トップページ | しつこく金沢。 »

2006-04-20

19日の富山話。

富山では早く仕事を終え、

夕方、駅近くの神通川の河川敷でのんびりと。

身体だけでなく久しぶりに心の底からのんびりできた。

こういう風景、雰囲気も富山のひとつの財産だと思う。

 

富山の夜は寿退社し富山に戻った女の子とディナー。

すごく店の雰囲気はいいのに、

料理はちょっと。。。

ビールを飲むときにグラスの臭いが気になった。

まあいい。

 

衝撃だったのは彼女の僕に対する指摘事項だ。

 ・人に対するあからさまな壁

  →「人とコミュニケーションするっていう姿勢が見えないよね。」

 ・いつも忙しそうにしてること

  →「忙しいのが好きよねー。」「なにかしてないと嫌でしょ。」

 ・将来性

  →「将来に期待します。」

 ・ラッキーマン

  →彼女の口から「ラッキーマン!」

 ・女性に対する対応

  →「内緒」                    等

見てないようで見てんだなーって。

女の人は恐い。

けど事実。

 

ただ、「「普通」が一番幸せだよなー。」って言ったとき、

「普通は嫌なタイプでしょ。」って言われたけど、

そんなことはない。

そこは彼女の分析ミス。

|

« 聴覚からの刺激。 | トップページ | しつこく金沢。 »

f.シゴトノヒ」カテゴリの記事

l.ザッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/1483170

この記事へのトラックバック一覧です: 19日の富山話。:

« 聴覚からの刺激。 | トップページ | しつこく金沢。 »