« ブックオフの誘惑。 | トップページ | 本屋。 »

2006-02-23

粗利補填。

どうしよう。

と思うことが仕事上たくさんある。それは当然。

たった今電話があり、即答は避けた事項がある。それは、うちの会社の安い商品を、さらに安く売ると販売会社が言っており、それに対してうちに粗利の補填をして欲しいという内容だ。

うちの商品の拡売は、親会社の商品の拡売にもつながるため、粗利補填をしばしばするのだが、今回の価格だと物流費も出る価格ではなく全くの赤字になってしまう。

なぜ、この販売会社はこの価格じゃなきゃだめなのか。なぜかだめらしい。

一方、昨日打ち合わせした販売会社は暴利を貪っている。全国を見渡すと同じ商品を売っているのに、各々会社の意向で値段が全く違う。考え方が違いすぎる。

消費者としては安いにこしたことはないと思うだろうが、一般消費者に渡る価格はさほど違いはないのが現状だ。結局どこかが暴利を得ている。

この件はどのくらいの粗利補填が妥当なのか悩みどころだ。

  

まもなく福知山を離れる。

京都で訪れたいCAFEがあったのだが、福知山での仕事が押してしまい(押した理由はココイチでカレーを食べていたから。)、今回は諦めざるをえないもよう。替わりに福知山駅の「CAFE HOKUTO」でカフェオレ中。

それにしても、ビジネスは難しい。突き詰めて考えるほど難しいものだ。

|

« ブックオフの誘惑。 | トップページ | 本屋。 »

f.シゴトノヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/804656

この記事へのトラックバック一覧です: 粗利補填。:

« ブックオフの誘惑。 | トップページ | 本屋。 »