« 金沢駅前。 | トップページ | ロジカルコミュニケーション。 »

2006-02-15

金融と営業と熱意。

65歳になれば年金を満額もらえるだろうか。

最近までそれが僕の心配事だった。

案外保守的。。。

ちょっとしたきっかけで違うなと今は思ってる。

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
今はこの本を読んでいる。半年以上前、マネックス証券株式会社のセミナーにて社員である(当時)著者が話す内容が目から鱗だったので即購入。いやらしい話だが、講演の内容通り運用することで、それなりのリターンは得た。少なくとも、セミナーの出席代+この本代は出た。

本棚の肥やしだったのだが、ひょんなことから見つけ今回の出張時に読んでみた。

基本マネックス証券で扱っている金融商品をお勧めする的な匂いはするが、資産運用のひとつの教科書本といえる。

冒頭にもあげたが、未来は日本がどうころぶかわからない。一般人にとっては、年金に期待する所も大だろう。が、その年金も危うい。僕の場合、サラリーマンでありながら企業年金をもらうのは難しいのではないかと思っている。気持ちがふらふらしすぎている。

自分の未来は自分で創ると考えるならば、お金に対する勉強をおろそかにしていいわけはない。特に、欧米諸国と違い、お金に関する教育を受けてこなかった日本人は、世の中を渡り歩くノウハウのひとつとして知識を蓄えておくべきだと思う。この本を一読すると金融商品のある程度の内容はわかる。基礎知識本だ。日経平均も右肩上がりの昨今、資産運用本も巷には溢れているが、ざっとみてもベターな部類の本だと思う。

お金のことを話すことはタブーではない。決して。わからないならわからないとはっきり一度表明し、独学するかわかる人に教えてもらい、ここが大事なのであるが、自分のお金に対する考え方を自分自身で考えてみることが必要だと思う。自分自身でだ。

どのような人も勉強した方がいい。処世術としてもね。

  

くだけた話。

Cimg2108富山の販社の担当者にイオンに寄ってもらい、

富山名物をたっぷり買った図。

お土産は地元のスーパーに限るの図。

今日は金沢から富山へ移動、そして東京に帰ってきた。

金沢では販社の社長とその販社の方向性についての話ができ、今後僕の思い通りに展開ができそうな感触が掴めHAPPYだった。

その社長はアメリカ帰りだけに、ビジネス特に粗利に関してはシビアだが、ここが腕の見せどころ。従来の今の会社の営業マンではしていないコンサル的なベクトルで攻めていこうとやる気になった。いきなりですが!

昨日の名古屋の販社の社長とのミーティングといい、自分のこれまでの営業スタイルを変えてトップとのミーティングの機会を増やすことは、販社の担当者に意図を伝える手段として有益だと実感した。いい方法だ。

うーむ。

営業は商品知識よりも熱意ですよ。実感。。。

営業だけじゃないな。なんでもそうだなー。だから、熱意がない奴を見ると腹が立つ。そして鬱になる。あー。

|

« 金沢駅前。 | トップページ | ロジカルコミュニケーション。 »

l.ザッキ」カテゴリの記事

コメント

で、この前言ってた、「熱意のないやつ」
は最近どーよ?相変わらず??

投稿: ぱろ | 2006-02-15 21時20分

「熱意」という意味が微妙なのですが、相変わらずできません。見せてあげたいくらいできません。仕事を頼むのを止めました。

投稿: ヘブ | 2006-02-17 12時55分

経済の事ほんとによくわからない。でも最近社会に興味がでてきたよ。ビジネスとか経済とか。
っていうより世の中がどうやって動いているのかがちょっと知りたい。ちょっとだけね。
教えて。

投稿: | 2006-02-18 00時42分

ごめん。上のコメントもあたし☆

投稿: YUI | 2006-02-19 07時54分

あっそう。
女性ってみんな同じような口調、いや文調なのでダレがだれやらって感じでした。
難しい話はNGと言う方もいるのですが、今後は、無い頭を振り絞ってみます。

投稿: ヘブ | 2006-02-19 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37298/723537

この記事へのトラックバック一覧です: 金融と営業と熱意。:

« 金沢駅前。 | トップページ | ロジカルコミュニケーション。 »